ディオーネハイパースキン脱毛効果は?

ディオーネハイパースキン脱毛効果は?

毛のバルジ領域に働いて、毛の発毛因子を処理するディオーネのハイパースキン脱毛。

今までの脱毛サロンの脱毛法とは異なる処理方法で、今とても話題になっています。

ディオーネの脱毛の特徴は、敏感肌の人でも安心してうけられるところ。

また、ムダ毛の生えていない小さな子供の時期にこそ、おススメの脱毛法だというところです。

高温を必要としないので、熱さや痛みを感じないというところは安心ですね。

実際、私もディオーネ顔脱毛していますが、全く熱くないし痛みも感じないですよ。

さて、今回ディオーネ顔全体脱毛12回コースの、第2回目のお手入れに行ってきました!

これまで体験フェイシャル脱毛を含めると、ディオーネで2回顔脱毛しています。

期間にして6週間ほど経っているでしょうか。

そして、今回がトータルで数えると3回目。

わずか1か月半で、もう3回目の脱毛が出来るなんて、ディオーネの脱毛はホントに速いペースで通えますね。

最初の脱毛から、私の肌に少しは変化はあったのか?

鏡をじっくり見て観察したのですが、処理しなければならないような産毛は生えてきていないです!

少しは、良い変化があればいいな、とは思っていましたが、ここまでハッキリと変化が表れて正直驚きました。

もちろん油断はできませんが、この調子でなるだけ3週間ペースを続けていけたらいいなぁと思っています♪

12回コースを契約すると、「えりあし」「首の前」「手の甲と指」のいずれかの脱毛が6回出来る、という話を以前書いたと思います。

そして、前回私は「手の甲と指」の脱毛をしてもらいました。

それを、今回からうなじ脱毛に変更してもらうことにしました。

正直、手の甲はもちろん、指の毛も気にならない状態だったのです。

私の襟足は、産毛と呼ぶにはあまりにもしっかりと存在しています。

ですから、医療レーザー脱毛とかじゃないと処理できないかなぁと思っていました。

ただ、せっかくプレゼント脱毛してもらえるのですが、ちょっとチャレンジしてみようと思ったわけです。

今回、通常の顔脱毛をした後で、うなじ脱毛をしました。

ベッドにうつ伏せになって、枕を胸元まで下げてうなじを出して行います。

顔脱毛と襟足脱毛との違いは、ジェルです。

ディオーネでは、顔、わきの下、Vラインには常温のジェルを使います。

それ以外の部位には、ホットジェルを使うのです。

えり足に温かいジェルを乗せられた時には、とても心地よかったですね。

これだと、全身脱毛も体をこわばらせずに受けられるなぁと思いました。

えりあし脱毛は、範囲も小さいので顔脱毛に比べてすぐに終わった印象です。

仕上げの美白美容液は、顔脱毛と同じものを使ってくれるところが嬉しいですね♪

次回は、また3週間後。

このペースで、顔も襟足もキレイになるといなぁ!



TOP PAGE